インディーゲーム開発のための Unity

制限なしで制作をスピードアップ

ゲーム制作にそれほど多くの人手をかけられない場合は、一分一秒を無駄にしないことが大事です。プロトタイプ作成、DevOps などを担うスケーラブルなソリューションを活用して、制作をスピードアップし、開発パイプラインを最適化しましょう。

Shedworks が Unity Asset Store から入手したツールをどのように活用して、『Sable』の砂漠の美しい景色を数日で作り上げたかをご覧ください。 ケーススタディを入手する

リソースとクリエイティブな取り組みをスケールする

ワークフローを整理して大きなインパクトを与える

バージョン管理の主な概念に加えて、Unity プロジェクトを設定するためのヒントやコツを学び、チームのコラボレーションが円滑かつ効率的になるよう支援します。

コミュニティを利用したより迅速なプロトタイピング

クリエイターのためにクリエイターによって制作されたアセットを活用して、時間とコストを節約しましょう。Asset Store を活用することで、下請けに出すことを最小限に抑え、ゲームをより短時間で制作することができます。

妥協することなく制作

リリースタイムラインを妨げる生産性に関わる見えないコストについて Unity DevOps のエキスパートからアドバイスを受け、重要なことに集中して取り組むことができるように時間を空けましょう。

インディーゲームメーカーがどのようにしてテクノロジースタックをスケールしているか

小規模なチームのための適切なツールの存在は、ゲーム制作のあらゆる段階で助けになります。成功を収めたインディープロジェクトで使用されていたツールや実践されてきたことの中から、自分のプロジェクトに取り入れられるものがないか確認してみてください。

Sable

Sable

小規模なスタジオはどのようにして納得のいくオープンワールドのゲームを制作しているのでしょうか?Shedworks は、感動的な冒険を作り上げるのにプロトタイプ作成をスピードアップし、同スタジオのモジュール式のデザインアプローチと ProBuilder、および Asset Store から入手したツールを組み合わせ、『Sable』のユニークでアーティスティックなビジョンを実現した結果、複数の賞を受賞しました。

ワールド構築用アセットの詳細を見る 強みを生かす
Goodbye Volcano High

Goodbye Volcano High

KO_OP はアーティストが運営するインディースタジオです。『Goodbye Volcano High』の開発が始まった当初は、Git ベースのバージョン管理を使用していましたが、ワークフローが複雑であったため、チームの全員が使いこなしているとは言えない状況でした。同スタジオは Unity Plastic SCM に切り替え、今も一貫して使い続けています

アーティスト向け VCS の詳細を見る 事例を読む
Crying Suns

Crying Suns

ピクセルアート調の没入型の SF 世界を構築することは、なかなか大変な作業でした。しかし、プロジェクトの途中でモバイル向けに制作することを決断した後に、データの処理が最小限に抑えられた環境でその世界を世に出すことで、その成果を次のレベルへと引き上げます。Alt Shift がビルトインの Unity Cloud Build CI/CD を使用してそれをどのようにして実現したかをご覧ください

CI/CD ソリューションの詳細を見る
Lost in Random

Lost in Random

Thunderful Games は優れたアイデアを持つ小規模なスタジオで、『Lost in Random』はそれまでの同スタジオにとって最も大きなプロジェクトでした。同スタジオが Unity Asset Store から入手したツールをどのように活用してグラフィックスを最適化し、できる限り多くのプラットフォームにリーチしたかをご覧ください。独自にゲームの制作に取り組んでいる方は、以下の e ブックのアドバイスを活用して、すべてのプラットフォームにわたってパフォーマンスを改善することを始めましょう。

ゲームを最適化
Tinytouchtales: Card Thief

Tinytouchtales

コーディング経験のない個人開発者が、どのようにしてモバイルビジネスで成功を収め、年間収益 13.1 万ドルに達するほど成長することができるのでしょうか?Tinytouchtales こと Arnold Rauers 氏は、創作意欲が高く、創意工夫を重ねることで、迅速なイテレーションとプロトタイピングによりビジネスを構築することができましたが、その一翼を担っていたのが AAA 品質の Asset Store のツールでした。

アセットを確認する

Zenith: The Last City

Ramen VR は、VR でフルスケールの MMO を制作するという大胆な目標を掲げていました。『Zenith』を実際に形にし、ライブゲームとしてサポートするために、同インディースタジオは Odin Inspector や Vivox などの Unity の制作ソリューションと運用ソリューションを使用しています。以下のガイドで Odin を使用して生産性を高めるためのヒントを確認し、カスタムコードを書くことなく使用できる強力でカスタマイズされたエディターのメリットを享受しましょう。

Odin の詳細を見る
Return to Nangrim

Return to Nangrim

Sycoforge は、本やゲームなど複数メディアにわたって展開されている意欲的なプロジェクトである、Arafinn の体験の制作を担う小規模なスタジオです。こちらのインタビューを読み、Sycoforge がコミュニティをどのように活用して迅速なイテレーションを行ったかを確認してから、ケーススタディに目を通して同スタジオが Unity のバージョン管理をどのように使用して取り組みを 3 倍スピードアップしたかをご覧ください。

ケーススタディを読む
Deadhaus Sonata

Deadhaus Sonata

Apocalypse Studios は AAA のベテランたちによって設立されたインディースタジオで、現在『Deadhaus Sonata』の制作に取り組んでいます。プロジェクトを別のエンジンから Unity に移行した後は、Asset Store を使用して Unity エンジンの機能を把握し、プロジェクトの新しいアイデアのプロトタイプを迅速に作成しました。また、ソース管理を Perforce から Unity のバージョン管理に移行し、イテレーションと開発をスピードアップするためにタスクブランチワークフローの実装を開始しました。

アセットの詳細を見る タスクブランチを実装する

お求めのものが見つかりませんでしたか?

インディーゲームメーカーのための人気のリソースを紹介します。

個人開発者とインディースタジオのための Unity

Unity のソリューションとサービスは単なるゲーム制作プラットフォームはなく、優れたアイデアから大きな成功を収めるまでのあらゆる段階で、個人開発者や小規模なスタジオをサポートします。

革新的なゲームデザインで抜きん出る

さまざまなことを実現できる柔軟性の高いツールを活用して、シンプルさに妥協することなく、ゲームプレイやアートスタイルの面で創造性を発揮し、自らの野望を達成しましょう。

モバイルゲーム制作における Unity 活用

モバイル向けのテスト、最適化、展開、ローンチを合理化するツールの詳細をご覧ください。

開発をスケール

Unity のプロトタイプ作成や DevOps を担うソリューションを活用して、ゲームから離れることなく、より堅牢な開発パイプラインを構築しましょう。スケールに役立つよう設計された既製のソリューションを使用して、効率の悪い部分に対処し、速度低下を引き起こしている部分を排除します。

よくあるご質問

ゲームのプロトタイプ作成をスピードアップするにはどうすればよいですか?

予算に余裕がない中で制作しており、短時間で市場に投入する必要がある場合は、アイデアのプロトタイプ作成とイテレーションをできるだけ迅速に行い、あらゆる面で効率化を図る必要があります。Unity Asset Store には、プロジェクトに弾みをつけることができる、アーティストが制作したアセットやコードが揃っています。また、Odin Inspector を使用すると、Unity 向けに制作された最高のツールのいくつかを使用して、ワークフローをスピードアップすることができます。

専門でない分野の知識の差を埋めるにはどうすればよいですか?

Unity なら、ゲーム開発すべてに精通している必要はありません。Unity Asset Store には、ゲーム開発のさまざまなフェーズや範囲全体にわたって Unity のプロジェクトに直接追加できる、数多くのプラグイン、ツール、既製のモジュールが揃っています。

プロジェクトのスコープの拡大に短時間で適応するにはどうすればよいですか?

プロジェクトが大きくなり、市場で成功を収めても、油断はしないでください。最初からスケールする準備を整えておくことが重要です。クリエイター向けでサイズの大きなファイルセットを扱うために設計されたバージョン管理は、チームの生産性とコラボレーションを改善するのに役立ち、CI/CD を担う Cloud Build はデスクトップとモバイルの両方でビルドを行う手間を省き、ビルドと展開にかかる時間を短縮します。

モバイル開発をスケールするにはどうすればよいですか?

他のプラットフォームと比較して、モバイルゲームは突然爆発的に成長することがあり、それによってインディー開発者が不意を突かれてしまうことがあります。モバイルには、特に巨大なプレイヤーオーディエンスが潜んでいることが原因で、解決が難しい部分が他にもいくつか存在します。Helpshift なら、人気がますます高まっているモバイルゲームの顧客サポートを自動化するのを支援できます。

プレイヤーの問題やクラッシュにより適切に対処するにはどうすればよいですか?

ゲームは非常に短時間で、ときに予測しない形で成功を収めることがあります。突然の成長は収益面では素晴らしいことなのですが、少人数のチームにとっては管理するのが難しくなることもあります。Backtrace は、多くのプレイヤーが多岐にわたるデバイスを使用する中で発生する可能性がある、すべてのバグやクラッシュをチームが追跡するのを支援するソリューションです。

ローンチ後のゲームを最も適切に管理するにはどうすればよいですか?

収益を増やすことから、プレイヤーコミュニティを理解してエンゲージメントを高めることまで、Unity ゲーミングサービスにはローンチ後の運営に必要なサービスが揃っています。

弊社のウェブサイトは最善のユーザー体験をお届けするためにクッキーを使用しています。詳細については、クッキーポリシーのページをご覧ください。

OK