製品

Remote Config

ライブゲームコンテンツをリモートかつリアルタイムに更新。アプリを更新したり、コードを変更したりすることなく、新機能のローンチや機能のテストを行い、一般的な変更を加えることができます。

今すぐ検証済みパッケージの使用を開始する

Unity Remote Config は現在、検証済みパッケージとして利用できます。アクセスする手順は次のとおりです。

  1. Unity 内でプロジェクトを開く
  2. パッケージマネージャーを探す(「Window」 > 「Package Manager」)
  3. 検索ボックスに「remote」と入力して Remote Config パッケージを検索する 
  4. パッケージ内にドキュメントと変更履歴へのリンクが提供される

主なメリット

Remote Config を使用すると、継続的な配信を強化し、リアルタイムでコンテンツのチューニングを可能にする統一されたソリューションを手に入れることができます。

動的な設定

ネイティブのエディターのワークフローやプログラマティックアクセスを介して Unity のランタイムに配信されたあらゆるコンテンツを設定します。 

リアルタイム

同期的でステートレスなセグメンテーションにより、ゲームの反復的な改善を短時間でロールアウトし、機能のオン/オフを切り替え、パーソナライズされたコンテンツ配信をスケジューリングできます。

洗練されたターゲティング

アプリ体験のバリエーションを特定のアプリバージョン、デバイス、ユーザーセグメントに割り当てます。

詳細なインサイト

お好みの分析プラットフォームを使用して、さまざまな機能や設定の影響を把握して監視できます。

Game Overrides を活用してプレイヤー体験を最適化

Remote Config を利用する Game Overrides を使用して、特定のプレイヤーセグメントをターゲットとする A/B テストを実行します。全プレイヤーまたは一部プレイヤーのゲームの難易度、広告が表示される頻度、一般的な属性を、コードを変更したり、アプリを更新したりすることなく変更できます。

スマートフォンでゲームをプレイしている女性

詳細を見る

ドキュメント

プロジェクトで Remote Config の使用を開始し、活用する方法についてはマニュアルで確認してください。

Game Backend のソリューション

Cloud Codeᴮᴱᵀᴬ、Cloud Saveᴮᴱᵀᴬ、Economyᴮᴱᵀᴬ、Authenticationᴮᴱᵀᴬ など、Unity Game Backend の最新のベータ版ソリューションをご確認ください。

Analytics ツールと Player Engagement ツール

Unity の最新の Analytics 製品や Player Engagement 製品を使用して、ターゲットを絞ったエンゲージメントにより、プレイヤー体験を完全無欠なものにしましょう。

弊社のウェブサイトは最善のユーザー体験をお届けするためにクッキーを使用しています。詳細については、クッキーポリシーのページをご覧ください。

OK