製品

Unity Reflect

Revit、SketchUp、Rhino から AR/VR 内などにリアルタイム 3D 体験を制作できます。

リアルタイム BIM がここに

Unity Reflect ならより多くのプロジェクトの獲得をサポートし、実体験型のレビューを実施して、設計と建設を結び付けることができます。複数の BIM モデルとそのすべてのメタデータを、ライブリンクを維持したままリアルタイム 3D に取り込みます。また、Unity Reflect をベースに構築することで、独自のリアルタイム BIM アプリケーションを作成し、ユーザー体験をカスタマイズできます。

リアルタイム 3D で意思決定を効率化

Revit、SketchUp、Rhino とネイティブに連携
BIM のデータ転送と最適化のためのプラグイン

組み込みの Revit、SketchUp、Rhino のサポートにより、モデルを準備してリアルタイム 3D に変換します。

シームレスなデータフェデレーション
複数のモデルをリアルタイム 3D に

1 つのモデルに対して異なるシステムで作業している複数のデザイナーやエンジニアが、それらのデータセットを同じ Unity Reflect プロジェクトに取り込むことができます。

AR、VR、iOS、Android、PC のためのビューアー
ライブリンクされたモデルをリアルタイムにレビュー

Unity Reflect では、元の設計モデルとのライブ接続が維持されます。Revit、SketchUp、Rhino で変更を加えるたびに、その変更がビューアーで更新されます。

しくみ

Unity Reflect は全員の認識を合わせることでコミュニケーションを促進し、反復作業をスピードアップさせて、より効率的に意思決定を行うのに役立ちます。元の BIM モデルへのライブリンクにより、常にリアルタイムで共同作業を行うことができます。Unity Reflect を使用して Revit、SketchUp、Rhino のプロジェクトを Unity エディターに取り込むことができます。

Adam Chernick 氏と Christopher Morse 氏が Unity Reflect の使用体験について語ります。

SHoP Architects が Unity Reflect をどのように使用して AEC にリアルタイム BIM をもたらすか

SHoP Architects のインタラクティブビジュアライゼーションチームに所属する Adam Chernick 氏と Christopher Morse 氏が、彼らの業界にとって Unity Reflect が「非常に歓迎されるテクノロジ」である理由を共有します。

ウェビナー:リアルタイム BIM:Unity Reflect をベースに構築する方法

このウェビナーでは、Unity Reflect と Unity エディターを使用して構築されたカスタムのリアルタイム BIM アプリケーションについて、エキスパートが一通り説明します。

Unity Reflect に対する AEC 関連企業の評判

Adam Chernick, R&D Lead for AR & VR, SHoP Architects

「BIM モデルからリアルタイムの体験を作り出す仕事は、これまで迅速とは言えませんでした。Unity Reflect があれば、アーキテクトや設計者は BIM モデルやデータを簡単に Unity に移行できます。業界にとって実に画期的な製品です。」

Adam Chernick, R&D Lead for AR & VR, SHoP Architects
Eric Mourits, Lead VRLab, VolkerWessels Infra Competence Centre

「VolkerWessels 社では、Unity はデザインモデルを作成して、それをすばやく何度も更新しました。デザインレビューと検証のプロセスで摩擦が解消され、時間が短縮されるという、Unity Reflect のすばらしい可能性を確認できました。」

Eric Mourits, Lead VRLab, VolkerWessels Infra Competence Centre
Kai Duebbert, Managing Director, Murphy Surveys UK

「情報の伝達と他のプログラムへの柔軟なリンク作成は目を見張るほどであり、既存の機能をどのように拡張できるのかを見るのが楽しみでした。」

Kai Duebbert, Managing Director, Murphy Surveys UK
Christopher Morse, Associate | Interactive Visualization, SHoP Architects

「建設の各責任者に設計をうまく伝えることができれば、優れたフィードバックや結果が返ってきます。Unity Reflect なら、そうした伝達が改善され、プロジェクトの時間やコストを節約することにもつながります。」

Christopher Morse, Associate | Interactive Visualization, SHoP Architects

主なメリット

デザインツールを離れる必要がない

RevitSketchUpRhino から、リアルタイム 3D 用のデータを準備して変換し、レビューセッション中にモデルに変更を加えることができます。AR と VR の作成がかつてないほど簡単になっています。

コーディングの力をより活用する

Unity のプロフェッショナルサービスチームと連携して、会社特有のニーズに合わせて Unity Reflect 用のカスタムアプリケーションを制作できます。

短時間でデータを準備

お使いのアプリケーションから BIM/CAD データをシームレスに最適化してフェデレートし、BIM モデルにライブリンクされたインタラクティブな 3D レンダリングを生成します。

順調に予算内で進める

主要な関係者が統合されたリアルタイム 3D 体験に参加し、アイデアを共有し、フィードバックを集めて即座に実装することで、ますます短縮されるクライアントのタイムラインに対応することができます。

簡単にカスタマイズ可能

プロジェクトを Unity Pro に取り込んで体験の質を高め、BIM データと結び付けられた AR/VR のカスタムアプリケーションを制作します。

1 回のビルドで、どこにでも配布可能

強力でしかも柔軟性に優れた Unity プラットフォームにより、関係者は各自の好みのプラットフォームでモデルをリアルタイム 3D でレビューできます。

Unity Reflect の理解に必要な情報を入手

Unity Reflect のしくみ

Unity の新しい AEC 業界向けの製品が、プロジェクトに関わるすべての関係者があらゆるデバイスで BIM Viewer のデータをすぐに利用できるようにすることで、設計のレビューと建設計画のプロセスをどのように改善するかについて学びます。 

Unity Reflect のさまざまな使用方法

製品で追加設定なしでできることと、Unity Reflect をベースにプロジェクトを構築することで、プロジェクトをどのようにカスタマイズできるかについて説明します。

Unity Reflect を使用して設計と建設を結び付ける

SHoP Architects が Unity Reflect をどのように使用して関係者間のコミュニケーションを促進し、ニューヨーク市のランドマークプロジェクトの建設計画を進めたかについて説明します。

Unity Reflect がインタラクティブビジュアライゼーションの課題をどのように解決するか

ある企業がリアルタイム体験の制作中に直面した 3 つの主な課題を解決するために Unity Reflect をどのように活用したかについて学びます。 

Unity Reflect を使ってみましょう

Unity の学習プラットフォームで提供されるこの無料のコースで、Unity Reflect の使用方法を学びましょう。

話題の Unity Reflect

Stefanos Chen, Real Estate Reporter, The New York Times

「バーチャルリアリティや拡張現実がショールームのデモにとどまらず、増えつつあるデジタル売買処理に加えて、かたくなにアナログを貫いてきた設計・建設分野でも活用される時代が来ました。」

Stefanos Chen, Real Estate Reporter, The New York Times
Carla Lauter, Editor, SPAR3D.com

「Reflect は Revit のパワーユーザーにとってゲームチェンジャーとなるでしょう。利用者が自分の作業をチームと共有するときに、高精度と幅広いデバイスの互換性の両方を確保しつつ共有できることになります。」

Carla Lauter, Editor, SPAR3D.com
 Greg Corke, Managing Editor, AEC Magazine

「ライブリンクを使用すれば、ワークフローを劇的に高速化できます。企業は、クライアントや契約技術者からフィードバックを受け、BIM オーサリングツールで変更を加えた後、それらをタブレット上や VR 空間内で瞬時に可視化することができます。」

Greg Corke, Managing Editor, AEC Magazine
Jeff Yoders, Midwest Editor and Associate Technology Editor, ENR

「以前はパラメトリックモデルを Unity エンジンに転送できるクラウドサービスや他のサードパーティーソリューションがありましたが、1 回のクリックや継続的な更新で簡単に行うことはできませんでした。」

Jeff Yoders, Midwest Editor and Associate Technology Editor, ENR
Ryan Young, Community Manager, bimstore

「Unity Reflect は利用者にとっては非常にシンプルに見えますが、舞台裏では Reflect は大量のデータを最適化し、同時に BIM メタデータを保持しています。Revit の利用者はわかっているでしょうが、手間と時間のかかるプロセスです。これまではそうでした。」

Ryan Young, Community Manager, bimstore
価格

年間サブスクリプション:$690

Unity Reflect がリリースされました。Unity の担当者に今すぐ問い合わせて、BIM データの価値を引き出し、プロジェクトの関係者があらゆるデバイスですぐに利用できるようにする方法についてお確かめください。

次のものが付属します。

  • Unity Reflect 1 シート
  • Revit、SketchUp、Rhino のプラグイン
  • データフェデレーション用のローカルホステッド型サーバー
  • クラウドホステッド型のプロジェクト管理サーバー
  • PC、iOS、Android デバイス(AR を含む)、HTC Vive 上でリアルタイム 3D のプロジェクトをレビューするためのビューアー
  • 追加カスタマイズ用のビューアーリファレンスアプリケーションソースコード(Unity Pro が必要)
  • 24x5 テクニカルサポート
     

Unity ReflectUnity Reflect ビューアーのご利用条件をお読みください。

Unity Reflect を使用するには Unity Editor が必要ですか?

Unity Reflect は Unity Editor がなくても使用できます。Unity Reflect はスタンドアロン製品です。ただし開発者の方は、Unity Reflect と Unity Editor の両方を用いてビルドすることで、ユーザーにとって最高の体験を作り上げることができます。インストーラーにはリファレンスアプリケーションやドキュメントが含まれており、独自のアプリケーションの開発やカスタマイズに役立てることができます。

Unity Reflect と互換性があるのは Unity Editor のどのリリースですか?

Unity Reflect は Unity の 2019 年のすべてのリリースを含め、最新のリリースを常にサポートしています。

Unity Reflect を提供しているのはどの Unity プランですか?

Unity Editor と Unity Reflect は、 Unity Pro でのみ併用できます。Unity Plus や Unity Personal では Unity Reflect を利用できません。

Unity Reflect がサポートしている Revit のバージョンは何ですか?

Revit の 2018 年、2019 年、2020 年のリリースをサポートしています。

Unity Reflect がサポートしている SketchUp のバージョンはどれですか?

2019 年リリースの SketchUp をサポートしています。

Unity Reflect がサポートしている Rhino のバージョンはどれですか?

Rhino のバージョン 6 をサポートしています。

Unity Reflect はクラウドベースの製品ですか?

オンプレミスソフトウェアとしてインストールされます。2020 年にクラウドベースソリューションとして提供を開始する予定です。

Unity Reflect はオープンソース製品ですか?

いいえ。サブスクライバーはビューアーのソースコードにアクセスできますが、コードに手を加えることはできません。

Unity Reflect のライセンスは誰に必要ですか?

Unity Reflect プラグインを使用する Revit ユーザーと、Unity Reflect ベースのアプリケーションを開発するユーザー全員に、Unity Reflect ライセンスが必要です。組織内のすべての Revit ユーザーにライセンスが必要なわけではありません。

ビューアーへのアクセスに Unity Reflect ライセンスは必要ありませんが、ビューアーのユーザーはプロジェクトにアクセスするために Unity ID を作成する必要があります。

 

フローティングライセンスは利用できますか?

まだ利用できません。フローティングライセンスは 2020 年に利用できるようになります。

Unity Editor に Reflect プロジェクトを取り入れるにはどうすればいいですか?

パッケージは Unity Editor を使用してインポートできます。Unity Reflect パッケージを Editor にインストールするには、パッケージマネージャーの詳細オプションの下の "Show Preview Packages" を有効にする必要があります。インポート時は Unity Reflect が単純にプレハブを作成します。

Unity Reflect のロードマップはどのようになっていますか?

こちらに公開されているロードマップをご覧ください。ご意見があればぜひお聞かせください。

よくあるご質問の一覧をご確認いただけます。

詳細なリストはこちらをご覧ください。

弊社のウェブサイトは最善のユーザー体験をお届けするためにクッキーを使用しています。詳細については、クッキーポリシーのページをご覧ください。

OK