製品

Backtrace ゲームクラッシュ管理プラットフォーム

エラーへのレスポンスを自動化することにより、スムーズなゲーム体験をお届けします。

Unity で Backtrace の使用を開始する

Unity で Backtrace の使用を開始する

クラッシュと例外をクロスプラットフォームで管理するための実地調査はすべて Backtrace に任せ、ゲームのリリースに注力しましょう。こちらのビデオで手順を確認し、Backtrace を Unity に統合するのがどれほど簡単であるかをご覧ください。

強力なゲームクラッシュ管理

どのゲームでもフリーズやクラッシュ、エラーが発生します。Backtrace エラートラッキングソフトウェアは、プレイヤーよりも先にエラーを検知することをお約束します。

すべてのクラッシュおよび例外を検知して、早急に対処しましょう。

自動化されたクラッシュおよび例外検知は、ご使用のあらゆるクライアント、コンソール、エンジン、サーバープラットフォームから監視できます。Backtrace は、構造化された検索可能なエラーレポートを生成します。Unreal、Unity、XboxGoogle StadiaPS4iOSAndroidWindowsMacLinux、C、C++ および C# に対応しています。

Fred Gill, Technical Director, Respawn Entertainment

「最近、弊社は一部の PS4 ゲームのクラッシュレポートを Backtrace に取り込み始めました。これにより、PC 版およびコンソール版の『スター・ウォーズ ジェダイ:フォールン・オーダー』の品質に関わる問題を閲覧できる場所を用意できました。この可視性により、ソフトウェアの品質管理を次のレベルに押し上げることが可能となるでしょう。」

Fred Gill, Technical Director, Respawn Entertainment
Chris Millar, CEO, Fun Bits Interactive

"Backtrace のようなクラッシュダンプ自動化システムを市場に発表することで悩みの種を減らしたり、QA スタッフを雇って毎日の管理やトラッキング、クラッシュのレポートができない小規模なチームの作業プロセスを自動化するのは素晴らしいことです。

Chris Millar, CEO, Fun Bits Interactive
Brent Lamb, Senior Producer, Cryptic Studios

「Backtrace はクラッシュデータの従来の扱い方を変えました。クエリの実行や、私たちのゲームの状態を理解することで、みんなが快適に過ごせます。」

Brent Lamb, Senior Producer, Cryptic Studios

主なメリット

エラーデータを機能させる

エラーの検知およびシンボル化を自動化し、顧客とサポートチーム間のやり取りを削減します。

ワークフローとの統合

SCM、アラート、チケットトラッキング、メッセージングなどの既存のワークフローにデバッグデータを組み込み、シームレスなエラー管理を実現します。

クロスプラットフォーム対応

この 1 つのツールで、さまざまなクライアントデバイス、エンジン、言語、ストリーミングサービスおよび展開するプラットフォームにわたって、クロスプラットフォームでのクラッシュや例外のレポートを作成できます。

フレキシブルな展開

マルチテナントまたは専用のインスタンスにホストするか、オンプレミスに展開するかは皆さん次第です。

クエリと検索

柔軟性の高いクエリエンジンにより、複数の環境にわたってエラーを検知できます。幅広い属性を使用して検索を実行し、優先順位を付けましょう。

リテンション管理

ダンプファイルとメタデータは独自のスケジュールで管理されるため、長期的にわたるトレンドを分析できます。

プランの比較

無料プラン

単一の開発者がモバイル、PC、ゲームコンソール、サーバーで使用する場合は無料

内容:

  • 毎月最大で 25,000 件のエラー
  • 1 か月リテンション
  • 10GB のクラウドストレージ
有料プラン

ターゲットとするプラットフォームに基づいて、3 つのプランオプションを利用できます。

年間サブスクリプション*

  • モバイルのみ:1 シートあたり 72,000円
  • モバイルと PC:1 シートあたり 108,000円
  • モバイル、PC、ゲームコンソール、サーバー:1 シートあたり 144,000円

機能とサービス:

  • Backtrace サポート
  • 毎月 100 万件のエラー
  • 3 か月リテンション
  • 100GB のクラウドストレージ

*年間プラン、月払いも可

よくある質問

無料トライアルの内容を教えてください。

30 日間トライアルでは、最大 25,000 件のクラッシュを送信またはアップロードできます。Backtrace によってクラッシュをいかに効果的に把握し、解決できるかをお確かめください。トライアルでは、合計 5 名の組織内ユーザーを追加して共同作業することができます。

Backtrace はどのようなプラットフォームで使用できますか?

Backtrace は、Android、iOS、PC、Mac、Xbox、PlayStation、Nintendo Switch、Stadia など、すべての主要プラットフォームで使用できます。

Backtrace を使用するのに、Unity ユーザーのスキルは必要ですか?

いいえ。Backtrace は使用するエンジンを問いません。Unity や Unreal 以外のエンジンでも動作します。

Backtrace の価格を教えてください。

価格は、Backtrace をどのプラットフォームに使用するかによって異なります。用意されているパッケージは 3 種類です。いずれも 1 シート/ユーザーあたりの価格で、VAT/消費税抜きの価格です。

年間 72,000円、モバイルのみ - 対象:iOS と Android
年間 108,000円、モバイルとデスクトップ - 対象:iOS と Android + Windows、Mac、ウェブ
年間 108,000円、モバイル、デスクトップ、コンソール - 対象:iOS と Android + Windows、Mac、ウェブ + Xbox、PlayStation、Nintendo Switch

使用を開始するにはどうすればよいですか?

こちらをクリックし、精算プロセスを行うことで、今すぐ無料トライアルを開始できます。ヘルプが必要な場合や、さらなるご質問がある場合は、担当チームまでお問い合わせください。

弊社のウェブサイトは最善のユーザー体験をお届けするためにクッキーを使用しています。詳細については、クッキーポリシーのページをご覧ください。

OK