Unity 開発者のコーナー

開発者のコーナーへようこそ! ここでは Unity 所属のエンジニアやエヴァンジェリスト、さらには Unity コミュニティの開発者が開発やビジネスについてのヒントをお教えします。

Unity エンジンは進化しているため、新しいベストプラクティスが必要です。Unity リードエンタープライズエンジニアの Ian Dundore がご説明します。

Unity の進化するアーキテクチャのためのベストプラクティス

Unity を支えるアーキテクチャがデータに基づくデザインをサポートする方向に進化するにつれて、エンジンからパフォーマンスを生み出すために新しいスキルが必要になってきました。Unity の変化(Unity 5.x から 2018)の概要を理解し、その活用法を学びましょう。

Scriptable Object はシリアライズ可能な Unity 独自のクラスで、スクリプトインスタンスからは独立して大量の共有データを保存できます。Scriptable Objects を使うと、ゲーム内の各種システムの間に一定レベルのフレキシブルなコミュニケーションを簡単に構築できるようになるため、プロジェクトの進行に伴って発生するさまざまな事柄の変更やコンポーネントの再利用の管理が容易になります。

Architect your code in Unity the smart way with Scriptable Objects

Scriptable Objects を使ってゲームを構築するための3つの方法

ScriptableObject はシリアライズ可能な Unity 独自のクラスで、スクリプトインスタンスとは独立して大量の共有データを保存することができ、変更とデバッグの管理を容易にします。そのためゲーム内の異なるシステムの間に一定レベルのフレキシブルなコミュニケーションをビルドすることができ、その結果、プロジェクトの進行に伴って発生するさまざまなことの変更や適用、あるいはコンポーネントの再利用の管理が容易になります。

Optimizing the Unity demo Book of the Dead for consoles

1 シーンで学ぶコンソール開発者のためのグラフィックス最適化 10 のヒント

この最適化は Unity のデモ「Book of the Dead」のためになされたものであり、コンソールで実行することができます。Unity のグラフィックプログラマー Rob Thompson とデモ作成チームがきわめて難しいシーンを最適化し、30fps のパフォーマンスを実現する過程をご覧ください。

開発者へのお役立ち情報

Unity でしてはいけないこと: よくある間違い

貴重なヒントに従って効率的な開発パイプラインを組み立て、最終的によりよく、より高いパフォーマンスのゲームをリリースしましょう。

インディー開発者が健全なビルドを維持するためのベストプラクティス

柔軟で安定したパイプラインの構築が時間とコストの削減につながります。ビルドがクリーンなら、変更や追加が容易で、機能の維持やデバッグも簡単です。

XR グラフィック: ベストな方法と次善の策

弊社の XR エンジニアはシェーダーの最適化やポストプロセッシングスタックの効果的な使い方についてたくさんのヒントを持っています。

Unity ブログ

Unity について最新情報を手に入れましょう。何が新しくなったのか、次はどこがどう変わるのか、それに関する私たちの考え、コンテンツ作成のヒントなど、内容は盛りだくさんです。

学習リソース

テキストやビデオのチュートリアル、ライブのトレーニングセッション、ドキュメントなど、さまざまな方法で Unity の上手な活用法について学びましょう。

アセットストア

アセットストアにある無料またはお手頃価格の既製アセットや制作ツールを利用して時間を節約しましょう。

仲間のクリエイターと話をしよう: Unity コミュニティとつながる新しい方法

Unity Connect ディスカッションチャンネルはユーザーのためのチャンネルです。仕事や協力者を見つけたり、他の Unity ユーザーとゲームの開発について意見を交わしたりしましょう。

弊社のウェブサイトは最善のユーザー体験をお届けするためにクッキーを使用しています。詳細については、クッキーポリシーのページをご覧ください。

OK