自動車・輸送機器産業および製造業で Unity を利用しているお客様

ショーケースのご案内

Unity を活用して皆さんのすばらしい作品にスポットライトを

Unity の目標は、あらゆるオポチュニティにおいてお客様の価値を高め、イノベーションを促し、Unity のユーザーが生み出している現実のライフスタイルにおける違いを世界中の企業で実演することです。

活用例と体験談
公開またはログイン不要

Unity とコラボレーションし、Unity の使い方について視野を広げる最も簡単な方法です。Unity の製品やサービスに関わる活用例と、そこから得られたメリットをお知らせください。

ケーススタディ
公開またはログイン不要

Unity のケーススタディ記事の作成プロセスは、電話での簡単なインタビューで Unity をどのように活用しているか、御社にとってそれがどのような意味を持つかについて理解することから始めます。さらに、完成度の高い Unity のインストールにより、より長い対話のスケジュールを設定して Unity のプロジェクトから得られた ROI(売上アップ、コスト削減など)について理解を深めます。また、小規模な撮影クルーを派遣して関係者に対して簡単なインタビューを行います。

Taqtile が Unity をどのように活用してエラーなしのメンテナンスを実現したか(ケーススタディ記事)

Lexus が Unity を活用して次世代バーチャルプロダクションを促進(ケーススタディ記事)

プレスリリースまたはメディア会見
公開

PR の一環として、Unity では印刷物やオンラインにて特集を組めるお客様を常に探しています。興味をお持ちの方は、お問い合わせください。PR チームに連絡して、Unity のストーリーをメディアに売り込む際に皆さんのストーリーを活用させていただくよう手配します。皆さんの Unity の使い方の詳細について興味を持ったジャーナリストに対しては、Unity が具体的な内容を提供し、皆さんと一緒にそのオポチュニティを確認します。御社が適していると判断される場合は、概要について簡単に(通常は 20 ~ 30分程度)話し合う機会を設けます。

お客様によるお問い合わせの電話
非公開

Unity のセールスおよびオンボーディングプロセスの一環として、Unity のお客様の中には完全にオンボーディングしているユーザーと直接話す機会を持ち、そのユーザーのソリューション、Unity インテグレーション、Unity での経験について学ぶことを希望する方も存在します。それらの電話はマーケティングや社外での使用のためではなく、お互いに興味のある新規および既存のお客様同士をつなぐことを意図しています。

イベント、トーク、ウェビナー
公開

Unity は数々の産業見本市に参加しているほか、セミナーやネットワーキングイベントも主催しています。そこではユーザーが自身のストーリーを披露し、他のユーザー、パートナー、見込み顧客とつながりを持つという重要な役割があります。小規模なイベントは通常、地元のユーザーを対象とします。より規模が大きく、注目度の高い世界的なイベントでは、ユーザーに飛び入りでアクティビティに参加するよう促すことがあります。

自動車業界トップのデジタルマーケティング戦略に XR とリアルタイム 3D を組み込む

ブログ/ソーシャルメディア
公開

Unity ではブログ記事をほぼ毎日公開しています。ときには企業がプロジェクトやアプリケーションについて議論する記事や、ハウツーやベストプラクティスなどの情報を提供する記事を書きます。

また、Made with Unity チャンネル(フォロワー 13 万人以上)や Unity チャンネル(フォロワー 200 万人以上)などのソーシャルメディアを通じて、革新的な Unity のプロジェクト/ビデオにコミュニティの注目を集めます。

本物かレンダリングか?BMW と NVIDIA によるレイトレーシング(ソーシャルメディア記事)

Varjo と Volvo が世界初のフォトリアルな MR(複合現実)を活用したデモを発表(ブログ)

さあ始めましょう

皆さんと Unity の活用による皆さんの成功事例を特集するチャンスです。皆さんが体験を共有することにどの程度興味をお持ちであるかお知らせください。

弊社のウェブサイトは最善のユーザー体験をお届けするためにクッキーを使用しています。詳細については、クッキーのポリシーのページをご覧ください。

OK