Unity クリエイターのコーナー

ここでは Unity 所属のエンジニアやエヴァンジェリスト、コミュニティのアーティストやデザイナー、あるいは開発者たちから独創的なアイデア、または技術やビジネスに関する貴重なヒントを手に入れられます。

Classic design principles to inspire VR and AR creations

Classic design principles to inspire VR and AR creations

クラシックなデザインのルールから VR/AR の創造へ

日常生活で使う品々が私たちの利便性を考慮して(中にはそうでもない物も)どのようにデザインされているのかを見ることは、プレイヤーにとって自然なバーチャルコンテンツを作成する方法を知る手助けになります。Unity ラボのエンジニア、Stella Cannefax は Don Norman が見つけたクラシックなデザインのルールについて解説します。サンディエゴにあるカリフォルニア大学のデザインラボを創設し、現在もディレクターを務める Don Norman は、Nielsen Norman グループの共同創設者でもあります。

Round trip with Unity and Autodesk

Round trip with Unity and Autodesk

Unity でハイエンドグラフィックを作成するためのベストプラクティスとヒント

スクリプタブルレンダーパイプライン(SRP)は C# スクリプトを使ってレンダリングを制御、カスタマイズします。それによって、レンダーパイプラインを少しだけ修正したり、ゼロから構築してカスタマイズしたりすることが可能になり、プラットフォームの種類に関わらず、華やかでインタラクティブなコンテンツを作成できます。

Secrets to creating the best AR experiences

Secrets to creating the best AR experiences

最高の AR 体験作成の秘密をお教えしましょう

ここではハンドヘルド型 AR を扱う場合に役立つヒントや技、AR 体験を作成する際に留意すべきデザインやユーザー体験のポイントなどを紹介します。

クリエイターへのお役立ち情報

ポストプロセッシングスタックで華やかなエフェクトを実現

Unity の数あるツールセットの中で特にアーティストやデザイナーに役立つのが、ポストプロセッシングスタックです。ここでその効率的な使い方を学びましょう。Unity の上級テクニカルエバンジェリスト、Josh Naylor のアドバイスもあります。

Unity で動画を配置する方法

Unity では Video Player のおかげでシーンに動画を配置することもいたって簡単です。Video Player は、モバイルを含むすべてのプラットフォームで 4k、8k、さらにはそれ以上の高画質動画をサポートします。3D や VR のゲームやインタラクティブコンテンツへの 360度動画の配置も可能です。

Animator Controller に関する 5 つのヒント

Will Armstrong はUnity の Spotlight チームで働いています。「Firewatch」などのゲームでアニメーション制作の経験があり、Animator Controller のビルドに関し貴重なヒントを提供してくれます。

Unity ブログ

Unity について最新情報を手に入れましょう。何が新しくなったのか、次はどこがどう変わるのか、それに関する私たちの考え、コンテンツ作成のヒントなど、内容は盛りだくさんです。

学習リソース

テキストやビデオのチュートリアル、ライブのトレーニングセッション、ドキュメントなど、さまざまな方法で Unity の上手な利用について学びましょう。

アセットストア

アセットストアにある無料またはお手頃価格の既製アセットや制作ツールを利用して時間を節約しましょう。

仲間のクリエイターと話をしよう: Unity コミュニティとつながる新しい方法

Unity Connect ディスカッションチャンネルはユーザーのためのチャンネルです。仕事や協力者を見つけたり、他の Unity ユーザーとゲームの開発について意見を交わしたりしましょう。

弊社のウェブサイトは最善のユーザー体験をお届けするためにクッキーを使用しています。詳細については、クッキーのポリシーのページをご覧ください。

OK