Riot Games が最新のタイトルに Vivox の音声コミュニケーション機能を追加

League of Legends』でパフォーマンスが実証済みの Vivox は、『VALORANT』のプレイヤーにも強力な音声機能を提供しています。

VALORANT:Unity のケーススタディ

How does a major studio with a massively popular game ensure reliable player communications in its newest offering? Voice chat is a critical component for any multiplayer game, and Riot knew Vivox voice chat was a winner, having successfully implemented it years ago in League of Legends. When it launched Valorant, a breathtaking tactical-shooter as its next franchise title, Vivox was onboard to help players coordinate their strategies.

  • 課題

    完全な体験のためにはチームワークによるところが大きい、ヒットが保証されたタイトルに音声チャットを統合すること。

  • 公開日

    2020 年 6 月

  • エンジン

    Unreal Engine 4

  • プラットフォーム

    Microsoft Windows

  • ジャンル

    タクティカル FPS

その分野のリーダーと共に歩む

大多数のスタジオと同じように、Riot はゲームプレイを最適化するのに、バックエンドサービスを機械的に作り出すよりも、スタジオの開発者の創造性を活用することを考えています。Vivox なら統合が簡単で、最も重要な要素である、完全に信頼を置けるソリューションであることに気付きました。それは起動して実行するのに最小限の内部オーバーヘッドで済む、実証済みのソリューションでした。

成果

  • 最高品質のコミュニケーションを活用することで戦略的なゲームプレイを促進した
  • 見直すことのできる音声認識機能により暴言をさらに取り締まれるようになった
  • バックエンドテクノロジーをオフロードすることで開発者の生産性が高まった

次々に登場する伝説

Riot Games は 10 年以上を費やして『League of Legends』を史上最も人気のあるマルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(MOBA)ゲームの 1 つに成長させました。プレイヤー数は 1 億人を超え、e スポーツ大会で高い人気を誇っています。

開発に 6 年かけ、Riot Games は 2020 年 6 月に 2 つ目のフリートゥプレイのメジャータイトルである、近未来的な 5 対 5 のタクティカル FPS『VALORANT』をローンチしました。

ポジティブな声

残念なことに、オンラインゲーミングでは叫び声を上げたり、嫌がらせをしたりなどの不快で有害な行動がいまだにはびこっています。Riot は個々のプレイヤーが音声を簡単にミュートし、音量を制御できる機能を備えた『VALORANT』の UI を設計しました。そして人に迷惑をかける行動があった場合は、それを簡単に報告できるツールを用意しました。

歴史的に、このようなツールの効果は限定的でした。迷惑行動は事後に証明するのが困難である場合があるからです。Vivox はこれらのツールに実効性を持たせるよう取り組んでいます。音声認識テクノロジーを活用して、ネガティブなやり取りを簡単に見直すことのできる形式でキャプチャできる、自動化ツールを開発しています。

なぜ Vivox なのか?

After years of success with League of Legends, choosing Vivox’s managed communications services for VALORANT was an easy decision for Riot Games. Plenty of other studios agree: Vivox provides communication services for 200-plus game integrations with:

  • Over 120M monthly active users (MAU)
  • 99.9% uptime*
  • Quick integration with SDKs for all major game engines and platforms
  • Fully managed service with 24/7 support
  • Over 15 years of experience managing video games comms
  • Free for up to 5,000 peak concurrent users for indies and testing

*pursuant to SLA

すべての人に最上級の音声サービスを

Riot と『VALORANT』にとって、Vivox はクライアント側の統合とバックエンドの両方で設定が簡単でした。質問があったとき、Vivox は応答が非常に迅速ですぐに対応してくれました。その結果、Riot が音声コミュニケーション機能を統合するうえでもう 1 つのシームレスな体験をもたらしました。 

「Vivox には数多くの設定なしで使用できる機能、セルフサービスの開発者ポータル、すぐに対応してくれる技術サポートチームが存在します。クライアントの開発エコシステムにスムーズに統合された Vivox Core SDK を使用することで、少人数のチームでも効率的にビルドを進め、プレイヤー体験に注力できました。2 週間以内に音声チャットがスムーズに実行されるバージョンが仕上がりました。」 - Jason Sacash 氏、Riot Games テクニカルプロダクトマネージャー(音声担当)

一緒に楽しくプレイする

Riot Games has a reputation for not making players spend big on hardware to be competitive, and both League of Legends and VALORANT run smoothly on a wide range of systems. Vivox is a great fit because its managed services for cross-platform, 3D positional audio and support for both voice and text require minimal overhead, both in implementation and in game performance. This and its affordable scalability make it a great fit for virtually any studio.

“Vivox has been a great partner brainstorming on how to solve some of the challenges with voice in games such as voice toxicity. We’re looking forward to continuing this partnership and investing more in this space.” – Jason Sacash, Technical Product Manager (Voice), Riot Games

Unity で独自に同盟を組む

The relationship between Riot and Unity is so strong that they entrusted the latest iterations of League of Legends to the Unity Platform. Legends of Runeterra and League of Legends: Wild Rift are multiplatform titles made with Unity that expand on Riot’s beloved franchise.

Building on Unity enables them to target billions of players across the 20+ platforms currently supported by Unity. Each platform is optimized to ensure the same consistent high-quality experience regardless of where players choose to play. Riot also relied heavily on Unity’s Professional Services team for ongoing support and performance advice. And of course, in-game communications are powered by Vivox.

Jason Sacash, Technical Product Manager (Voice), Riot Games

「Riot Games は Vivox を信頼の置けるスケーラブルな音声チャットソリューションとして『League of Legends』で何年にもわたって使用してきました。Vivox の統合を『VALORANT』に拡大することは自然な流れでした。」 

Jason Sacash, Technical Product Manager (Voice), Riot Games
Jason Sacash, Technical Product Manager (Voice), Riot Games

「Vivox は暴言をどのように解決すればよいか思い巡らすうえで本当に優れたパートナーです。私たちは今後もこのパートナーシップを継続し、この分野に投資し続けます。」
 

Jason Sacash, Technical Product Manager (Voice), Riot Games

チームに Unity Multiplayer Services を追加する

Top studios put gameplay first and aren’t distracted by complex infrastructure issues. Unity’s Multiplayer Services, including Multiplay and Vivox, augment your team with the specialist skills needed to deliver incredible player experiences. Tried and tested at scale, and evolving with industry changes, these solutions keep you ahead of the competition.

弊社のウェブサイトは最善のユーザー体験をお届けするためにクッキーを使用しています。詳細については、クッキーポリシーのページをご覧ください。

OK