VR でリスクを軽減し、作業者の安全性を高める

OutHere が作成した Unity ベースの VR を使って、Skanska が建設現場の安全性を高めた方法

OutHere および Skanska: AEC 向け Unity ケースストーリー

作業場の状況は日々変化しています。昨日安全だったものが今日も安全とは限りません。では Skanska のような企業はどのようにして、自社の従業員が目に見えないリスクを認識し、危険を回避するのをサポートしているのでしょうか。Skanska は、VR/AR のクリエイティブなエージェンシーである OutHere と協力して、Unity ベースの VR 体験を労働者向けの標準安全訓練プログラムに導入することで、大きなメリットを得ました。

プロジェクト

安全への一歩 – バーチャルリアリティトレーニング

目標

職場での安全要因に対する従業員の意識を高める

プラットフォーム

VR: HTC Vive

チームメンバー

5(Skanska)、 6(OutHere)

場所

スウェーデン、イェーテボリ

スウェーデンに本拠を置く Skanska(世界第 5 位の建設会社)と協力して、VR/AR のクリエイティブなエージェンシーである OutHere は、Skanska の従業員の安全訓練プログラム用に、リアリティあふれたバーチャルリアリティのシナリオを構築しました。

ユニークで没入感のある体験を創出するという OutHere のミッションは、創造性とテクノロジーに対する深い経験と情熱に端を発しています。VR と AR が人々の生活に真に差をつけることができる「魔法の瞬間」を見つけるため、日々自分への挑戦を繰り返しています。チームのトラックレコードには、Volvo Cars、Reebok、Dior、OnePlus、Husqvarna といった世界的なブランドの、受賞歴のある VR プロジェクトが名を連ねます。

成果:

  • 労働災害に対する従業員の意識の向上
  • 職場の安全性を高めることで事故の発生を削減
  • 従業員の生産性向上

Unity と VR に深く根差すクリエイティブなパートナー

Skanska が標準の 1 日トレーニングプログラムに没入型 VR 安全シナリオを統合するパートナーを検討していたとき、小規模だが才能にあふれた創造的なスタジオである OutHere を見つけました。OutHere の首脳陣には、あらゆる様式の映画、3D、モーショングラフィックス、VR/AR エクスペリエンスを思いつき、実現する確かな背景がありました。

OutHere にはまた、優れた Unity スキルセットがあります。Peder Sandqvist、Filippos Arvanitakis 、Martin Krafft は 2013 年から一緒に働き、Unity でリアルタイムの VR プロジェクトに携わるなど、グローバルブランドの受賞歴のある VR を作成したのち、2017 年に会社を設立しました。アカウントディレクターである Linda Grådal は OutHere 以前には自身の映画製作会社を率いており、Unity でも多くのハイエンドなリアルタイム VR/AR プロジェクトに携わっていました。彼らの専門知識が融合された OutHere が Skanska プロジェクトに選ばれたのは、いたって自然なことでした。

「Unity は VR/AR の最先端を進んでおり、私たちはビジョンを実現する機会を非常に多く持てるようになりました。クリエイターは本当に助かっています。使い方が簡単で、新しい開発者が必要なときには簡単に見つけられます。Unity は、私たちのアイデアを、心に直接働きかけ『生き生きと呼吸する』独特の仮想世界に素早く変換する究極のツールです」と Krafft 氏は語ります。

VR は現実世界の事故と負傷を軽減できる

Skanska は、このプロジェクトで非常に人間味あふれる目標を設定していました。事故を減らし、より安全な建設現場を作ることです。Skanska では、危険認知トレーニングに、従来型のメソッドを多く取り入れていましたが、従業員に接する新しい方法として VR を提供することを決断しました。

「私たちは、従業員が根本的に行動を変えるための、新しい種類のトレーニングを実施したいと考えました。ウェブの複数選択式のフォームに記載することやプレゼンを聴くことは入口としては良いのですが、従業員の感情に訴えることはできません。感情によって、行動に真の変化を起こすことが可能になります。VR にはそれができます。なぜなら、シミュレーション環境で従業員の命を危険にさらすことなく、「リスクにさらす」ことができるからです。VR のみに下した決定には、行動科学を VR 技術とを結びつけて、持続的な行動の変化を達成できる可能性がありました」 と、Skanska のプロジェクトリーダー、安全およびリーダーシップデベロッパーである Tania Sjöberg 氏は語ります。

2017 年、OutHere は Skanska と協力して VR シナリオを設計しました。このシナリオで従業員は、リスクを含む可能性がある状況に自らを置き、正しい選択をするよう迫られます。正解すると、深刻な仮想事故やケガを避けられる、という目に見えるご褒美が待っています。

Unity は VR の迅速なプロトタイプ制作を可能にする

Skanska から制作の許可が下りたとき、OutHere は Skanska の従業員に VR シナリオの構築に参加してもらおうと、従業員とのワークショップを設けました。

「効果的な VR トレーニングには、現実世界の視点が必ず必要になります。日々リスクにさらされている人よりも多くのことを教えてくれる人は他にいないでしょう?」と OutHere’ の Krafft 氏は語ります。

OutHere は従業員を招いて試作品の作成と作業中のテストに協力してもらい、技術的な精度とリアリティを高めました。また、リアルタイムでのフィードバックを繰り返しました。

「Unity の非常に高品質なビジュアルに勝るものはありません。このビジュアルこそが、没入感のある体験に不可欠なのです」と Krafft 氏は言います。「私たちは Unity エンジンのパワーに魅力を感じています。このエンジンによりすべてのレベルのデザイン、サウンド配置、空間コンポーネントの開発を素早くできます。私たちは Skanska の従業員に参加してもらい彼らのフィードバックを取り入れて、新しいバージョンの製品を即座に作り出します。Unity のおかげで、クライアントへの納品も早められます」

ストーリーテリングで安全性を高める

映画、3D、その他のマルチメディアプロジェクトにおける OutHere の幅広いバックグラウンドと、5 年間のトラックレコードで作り出されたインタラクティブな VR シナリオによる、説得力のある、完全にインタラクティブな仮想世界を作成する技術は、彼らのすべての行動の基礎となりました。

「VR はすばらしいビジュアルを見せることができますが、VR の本当の力を発揮できるのは、人々の心と魂に触れたときであると私たちは信じています」と Arvanitakis 氏は語ります。「このプロジェクトで私たちは、従業員の感情に触れることに最も重点を置きました。行動の変化を起こすために、VR を使って、さまざまな危険な状況に身をさらすことの効果が長続きする方法を活用しようとしています」

「それは、インタラクティブな VR の新しい技術が非常にパワフルなツールとなる分野です。従来型でもなく、一方通行のストーリーテリングでもありません。これはコミュニケーションの新しい方法であり、いわば「生きたストーリー」なのです。信憑性のある、ユーザー中心の環境に従業員を入り込ませることから始め、感情を湧き起こさせるリスクに彼らをさらします」と Grådal 氏は語ります。

そして、VR トレーニング中に従業員が下すバーチャルな判断は、作業場での事故や負傷を減らすなど、現実世界でのメリットとして持続します。

「3D であることを経験すると、安全に対する重要な教訓となり、強い印象となって残ります。従業員を危険にさらすことなくリスクにさらすことは、現在私たちが持ちうる、最善の方法です」と Skanska の制作マネージャー、Max Allström は締めくくりました。

「バーチャルリアリティを使うと、感情的なシチュエーションを構築できます。これは、安全性を高めるために従業員の行動を変えるためには非常に重要です。VR は、従来の教室やオンライントレーニングでは決してできないような意識を作り出します。従業員は危険にさらされることなく、さまざまなリスクを身をもって感じるため、そのような状況を直感的に認識するようになります」

Martin Krafft, Technology Director, OutHere

「私が個人的にこのプロジェクトで最も注力していることは、このようなタイプのリスクを排除できる可能性です。仕事中に危険にさらされてはなりません。従業員を毎日、怪我なく無事に帰宅させる必要があります」

Tania Sjöberg, Project Leader Step into Safety & Leadership Developer, Skanska

AEC 向け Unity ソリューションを始める場合

We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website. Visit our cookie policy page for more information.

Got it